突然ですが占ってもいいですか?

【2021年1月6日】突然ですが占ってもいいですか?見逃した人へ|再現まとめ

【2021年1月6日】突然ですが占ってもいいですか?見逃した人へ|再現まとめ

「突然ですが占ってもいいですか?」2021年1月6日放送の内容を再現していきます。

 

今回は

  1. 「木下レオン」さんによる、北村匠海の占い
  2. 「星ひとみ」さんによる、真木よう子・山田祐貴の占い
  3. 「星ひとみ」さんによる、一般の人のリモート占い

の3部構成です。

 

会話形式で再現していますので、見逃した人や復習したい人は参考にご覧ください。

 

前回の12月16日放送「突然ですが占ってもいいですか?」を見逃した人はこちらで再現していますので、あわせてご覧ください。

見逃した人へ|突然ですが占ってもいいですか?|2021年1月6日の再現

 では以下、1月6日放送、「突然ですが占ってもいいですか?」の再現をしていきます。

 

「木下レオン」さんによる、北村匠海の占い

【北村匠海23歳 歌手/俳優】

 

「よろしくお願いします」でスタート

まずは性格から見ていく

 

レオン:理想が高く、チャレンジ精神旺盛。誰にでも平等で優しく、とにかく努力家

北村:コワッ

レオン:でね。人前ではソフトを装っている。装ってるわけじゃないけど、気を遣うタイプ。で、思ったことは曲げたくない。曲げた時はストレス大。でも顔色は変えない。でも腹の中は違う

レオン:「この野郎!いつか覚えとけよ」と。ぐらいの根性を持ってます。顔色変えないタイプでしょ?

北村:全くそうですね。イヤ・・・スゲェ。結構、「はい。分かりました」って生きてきたんですよ。その反発でじゃないですけど、「自分の人生を誰かに設計されてたまるか」みたいな気持ちはすごい強くて

北村:だから、自分のやりたいことをやって生きて、そして死にたいっていう野心はすごい強い

レオン:そしてですね、過去のことも占っていきたいと思うんですけど

北村:もうけっこうお腹がいっぱい過ぎて、嫌なんですけど(笑)

 

生い立ちを見ていくことに

 

レオン:良き両親と兄弟に恵まれるという運気です

北村:本当に仲良かったです。弟とは。父母共働きだったので、家には弟と2人でいることが多くて、何をするにも一緒だったので。水泳とかサッカーとか美術教室とかもそうだし塾も一緒

北村:親からもらったお駄賃で、家の近くにあるラーメン屋さん行って、弟とチャーハンを食べるのが日課で

レオン:8歳から環境が大きく変わり、ご自身がプレッシャーや圧力。すごく頑張って忙しくなるのが8歳~18歳の時まで。18歳で環境がゴロっと変わってる

北村:スゲェ。マジでスゲェ!8歳で芸能界入って、18歳で大学進学を諦めて、芸能の道行こうって決めてるんです

北村:最初はスカウトで入ったので、8歳の時に。何も分からず、仕事の感覚もないまま、人見知りだったりして、たくさんのカメラが怖かったんですよね大人の人に囲まれたり

北村:当時マネージャーさんもいなかったので、母と現場行って、早く帰りたい一心で子役の時は過ごしてたりして。子役として天才と言われるタイプではなかったので、年間何百のオーディションも落ち続けましたし

北村:小学生・中学生として日常を送っているみんながすごい輝いて見えて、「自分は何でそうじゃない?」っていう。自分の怒りを出さずに押し殺してきたけど、悔しさもあったり、戦いでした

北村:そのために必死に、自分を肯定する努力をしたところはありました

レオン:で、14歳の時に運気が低迷しているんですけど、友達の問題とかなかった?

北村:あ~、14歳の時は、傷ついてばかりでしたけどね。ボロボロでしたね。心の中は

北村:入学した時から「芸能活動やってるんでしょ?」と言われて、自分の生まれた区では「アイツは芸能やってるらしい」と認知されてて、住所がバラされちゃったりしたこともあって

レオン:怖いですね

北村:けっこう怖かったですやっぱり。不安でしたね。校門を開けて誰よりも先に帰るのは自分でした

レオン:苦労されましたね

北村:ちょっと大変でしたね。それを隠したり、「大丈夫大丈夫」って言うのが、自分の生き方だった

レオン:孤独ですよね。その時は

北村:そうですね。家族にもすごく当たったりとか。感情の出し方を間違えちゃって、過去1回だけお母さんに対して、1回だけです。「アンタ」って言っちゃって、それは今でも公開してる

北村:そういう口が悪くなったり、訳分かんないことをしていた時期がありました

レオン:その分頑張ってる証拠ですよ。甘えたいっていう。お母さんに何か言われたんですか?「アンタ」と言って

北村:×8倍ぐらいでまた怒られましたね

レオン:ははははは(笑)。素晴らしいお母さんですね

北村:僕を一瞬でひれ伏しました(笑)

レオン:ご自身は、ここから18歳で大きく変わている

北村:役者と過去の世界1本で生きると決めたのが18歳で、もともと大学で何か作れたり、クリエイティブなことができればなと思っていたのが18歳の時

北村:自分は写真も撮ったりするし、何かを監督したり、映像を撮ったりするのも好きなので、映像を学びたかったんですけど仕事もあったし。必然的に大学の気持ちから遠のいてしまって。親にお金の負担かけるだけだしと思って、大学進学はやめました

北村:そこからいろんな映画やドラマがポンポンと入って、今の自分がいたりするので、すごい良い転機かなと思っています

レオン:芸能界は、占いで出ていますけど、すごく合ってますよ。すごく良い。ただ、本当に頑張り屋なので、いっぱいいっぱいやるんですよ。仕事も、1から12までしたいタイプなんです基本的には

北村:スタントとかも使わないで全部自分で。高校生の喧嘩のアクションなんですけど

レオン:気を付けなあかん。怪我する。怪我の星を持ってる

北村:すごい怪我するんです

レオン:怪我の星を持ってるから、必ず怪我をする

北村:撮影で骨折したりとか闘うシーンで、「肩とか腹は本気でいこう」となった時、本当にあばら骨いってても、我慢できちゃう

レオン:頑張りすぎて、選択ミスをする時が来るんですよ人は。それが今。2020年と2021年、大注意になってる。運勢はすごく良いんだけど、今は「寂しいな」とか、孤独感をすごく感じてる。そんなことないですか?

北村:孤独感だったのかは分からないですけど、忙しいって「心を亡」って書くじゃないですか。まさにそういう局面がちょこちょこあったり、それこそ2020年は自分個人の仕事はともかく、自分のやってる音楽活動で1個階段を登ったことによって自粛もあったので、凝縮されちゃって短い期間に。精神的には相当弱かったなと思っています

レオン:やっぱり心が出て行った状態であれば、心が出た瞬間に魔が差すんですよ。2020年から2021年にかけて大きなトラブルやスキャンダルは気を付けた方が良い

レオン:でね、本当に2021年は女性問題に気を付けた方が良い。2021年の夏。それと、恋愛も助けたいとか尽くしたいと思うタイプで、困っている女性に弱く、困ってる知り合い・彼女や、困ってる奥さんとの恋には大注意になってる

北村:絶対ダメですね。それは

レオン:困っている奥さんに弱いとなってる

北村:あ~そうなんだ(笑)。不甲斐ねぇ

スタジオ:ハハハ(笑)

レオン:相談にのったりとかね。奥さんが困った感じになって、「じゃあ俺と」みたいな感じに持っていかれやすい

北村:ダメだよそれは。ダメダメ。全然ダメですね

レオン:でも困ってる人に弱いでしょ?

北村:男女問わず、困ってる人にはすごい弱い自覚はあります

レオン:でも今日、これを聞いたので、気を付けたら良い。自分の弱さを分かったじゃないですか。ここでグッと堪えることができれば27歳になった年に最高の運気と仕事がやってくる

北村:タメになります。すごい、女性に左右される人生っすね

で終了

 

「星ひとみ」さんによる、真木よう子・山田祐貴の占い

【真木よう子38歳 女優】

【山田祐貴30歳 俳優】

 

「よろしくお願いします」でスタート

 

:本名ですか?山田祐貴さん

山田:本名です

:え?

山田:なになになに?

:手相見せて。左手

山田:(左手を見せる)

:すごいね手が。複雑線がすごく出ている。山田祐貴?

山田:え?なに?オレ山田祐貴ですよ

:これね。山田祐貴さんじゃないの

真木:怖い怖い怖い怖い

:感情の状態。手相もそうだけど、3回脱皮してる人。言ってしまうと、自分が分からない人

真木:あっ、言ってたじゃん!

(控え室にいる時、今日の占いで「自分が何者なのか知りたい」って言ってた)

山田:自分が分からないです

:それが全部出てて

山田:ちょっと待って震えてきた

:言ってしまうと、なんの生き物?

山田:人間じゃない?

 

山田裕貴の性格から見ていく

 

:山田さんの星回りが新月タイプ。基本的に芸術性が高くて、アーティストの星が入っていて、色々とやりすぎてしまう。頑張りすぎてしまう

山田:あ~はい

:やり過ぎてしまって「自分が分からない」という星回り

真木:共演者の方の名前を、覚えられないなんてないんですけど、山田さんの名前だけ、全然覚えられなかったんですよ

:言ってしまうと、地球外生命体

山田:え~!俺「宇宙人」ってよく言われるんですよ

:たぶんさ、この人こう思ってるとか

山田:メチャクチャ分かる

:でしょ?「この人きっと俺の事好きだな嫌いだな」って波動で分かるでしょ?

山田:はい。すぐ分かります

:特殊生物ですよ

山田:そうなんです。だから分からなくて、答えを探したくなる

:ここから今いきますよ。お待ちください。真木さんを占いさせていただきます

 

真木よう子の性格を見ていく

 

:真木さんの星回りが下弦の月タイプ。本当にピュアの星っていうのが入っているから素直・ピュア。押しに弱いところあるでしょ?

真木:押されたら好きになっちゃいますね

:すごいそれが出てるの。本当に押しに弱くてガンガン来たらダメだから、本当に初めの直感で「あ~この人ダメだ」と思っても、「良い人」って思っちゃう

真木:そうかも。人の悪いところを見ないようにする

:自分が苦しくなってしまうことを気付くのも嫌だから「まぁいっか」と言って、ちょっと冷めた淡白

真木:本当にまさにその通り。「まぁいっか」が頭の中の口癖というか。それで自分の中で全部無くしてしまうことによってストレスフリーにする

:無邪気でメッチャ可愛い人

真木:ありがとうございます

:でも、中身おっさんです

真木:(図星の顔をする)やっぱりそうですか?

:おっさんなんだけど、(見た目)キレイになってる

真木:ハハハハ(笑)

:おっぱい好きでしょ?男の感覚を持っているから女性のキレイなオッパイ

真木:好き好き!道歩いている人で、キレイな女性とか大好きで。「今の人キレイ」「おっぱい大きい」ってなっちゃう

:男性の感覚。で、ピュアだから

真木:おっさんでピュア?

山田:ハハハハ(笑)

:手相見せて

真木:(左手を見せる)

:めっちゃスケベだね

真木:うっそ・・・

山田:真木さん俺どういう顔して聞いてればいいんですか!?

:多分、エロスとかのムンムンするパワーと、真木さんが脱いだ時に放つ力は、男の人を魅了してしまう。もう忘れられない

真木:ここぞって時は、その男の人の前で脱げば

:いけます

真木:ヤッタ!分かりました

山田:ヤッタ!が今おじさんでしたよ(笑)

:本来ね、真木さんの星回りって、元々の感覚でいうと✖✖区の星が入ってるのね

真木:✖✖区の星?

:はい

真木:私、住んでますよ。マジで凄いビックリした

:数字でいくと、4丁目の星

真木:コワーイ!来たんですか?私の家に

 

続いて、山田裕貴の生い立ちの占いに

 

:3回脱皮してますから。1回目の山田裕貴は脱皮する前初期。初期の山田裕貴は照れ屋さん。すごい甘えん坊で寂しがり屋だし、人見知りだったと思う

山田:メチャクチャ!はい。今人見知りって言っても、誰も信じてくれない

:でも1回目の山田裕貴は人見知り

山田:メチャクチャ人見知りだったんです

:で、変人の星っていうのも出ていて

山田:変人です

:分かってて良かった。第1山田裕貴から第2山田裕貴になった時の状態は1999年9歳の時。3年生かな。ここが転機です。自分の中で「強くならないといけない」。ビビッときて、不安だし寂しいっていう感情から強い芯が入ってる

山田:はい。じいちゃんが死にました。その年に。身内で誰かがいなくなった状態が初めてだったんで

:9歳の時に何かを強く、衝撃っていう形で吉凶混じる。良いことも悪いことも

山田:父がプロ野球の選手だったんですけど、その年に中日ドラゴンズのコーチをやっていて、家族的には中日ドラゴンズが優勝して優勝旅行に行っているんですよ。ラスベガスとかロサンゼルスに。その途中でじいちゃんがヤバいってなって、10日位泊まるはずだったけど、途中で帰ってきた

:中1の時にね。何か本当は辞めたり、手放したり

山田:(図星の顔をする)僕も野球をやってたんです。卒団という形で野球を1回違うクラブチームに入り直しているんです。違うところに行こうと思って。もっと強いチームにみたいな

山田:親が野球選手だから「俺もならなきゃ」とか。プレッシャーがあった

:大きくは中3か。ここからモテ期が到来する。中3の夏以降。山田さんって、女だからとか男だからとか

山田:関係ない!

:でしょ?

山田:「ヒト科の動物やろ」って思います

:その感じで、イケメンって言われるのが嫌い

山田:「側で見るな」って思っちゃう

山田:中3の夏に野球を辞めて丸坊主だったんです。僕外のクラブチームで野球をやってたから、みんな野球をやってること知らないんです。で、「なんで野球やってんの?野球やっててもモテないよ」って女子に言われて、「俺モテるために野球やってねーから」って言って、中3の夏でクラブチームを卒団

山田:そこから髪が伸び始めるんですよ。で、バレンタインデーのチョコが0から7個に増えた。その時に思ったんです。「髪型でチョコあげんな!心でチョコあげろや!」って

真木:(苦笑い)

:でも、高1でちょっとウキウキしちゃってるから、彼女ができたんだ

山田:高1、そう!初恋っす。中学の同級生で、第2ボタンをその子の為に残しておいたんです。中学を卒業する時に。で、小学校からの女友達が「あの子に渡したいんでしょ?」って「言ってきてあげる」って言ってくれて、「第2ボタン下さい」って言われて、そこから付き合うことになった

:次の年からちょっとボロボロになってます。ここね、悪の道に行くか、真面目に勉強する道に行くか、分かれてたね

山田:はい

:何か道しるべみたいなものを感じたはず。きっかけっていう形ですね

山田:高3の時に、自分の高校が甲子園に出るんですよ。で、僕は野球部員としてではなく、普通の生徒として応援に行ったけど、チームメイトが甲子園にいる、元々一緒に戦っていた親友がグラウンドで活躍しているのを見て涙が止まらなくて。俺は1回死んだんだって思ったんですよ

山田:自分で野球っていう人生に蓋をしたから。父の言葉も思い出しながら、「俺野球やれとは言ってないけど、なんで自分でやるって決めたことを最後までやり遂げないんだ」っていう言葉も思い出して、俺テレビ大好きだったし、父さんと会話できたのも多分ドラマや映画を観ている時だけだったから、「あっち側に行けば観てもらえるかもしれない」みたいな。そこから俳優を目指した

山田:スポーツだったら体格とか、そっちのせいにしがちだけど、俳優だったら心の職業だから「センスとかねーだろ」って思って。だから側で見られるのも嫌いだし、ハートで勝負できる。全部自分のせいにできると思ったから、養成所に入るオーディションを受けようと思ったのがその時です

:去年が本当は、なんかストレス・爆破が入ってるから、精神がここでプッツンっていっててもおかしくなかった

山田:精神がプッツンっていく役だったんです

:あっ、そうなの。役を演じたでしょ?「運勢の災い」というプッツンになる「精神がヤバくなる役」を演じ切れたでしょ?

山田:はい。パラレルワールドを飛び越えちゃう役

:つまり、精神が本当にダウンする時期だから、プッツンしておかしくなる時期にその役が入って、演じておかしくなっていたことによって「あなたはプッツンしましたね」になっている

山田:役でやっちゃった?

:役でやっちゃった。すごいわ。運命を変える厄を落とした

山田:ヤバッ。文化庁芸術祭 新人賞を頂いたんです

 

真木よう子の過去を見ていく

 

:真木さんの過去ぐちゃぐちゃだ

真木:(うなずく)

:5歳でダメージとダウンが入ってて、心の状態が変化する。次に9歳と11歳で全てが終わる「リセットする」。親離婚してる?

真木:はい

:でもまぁ、しんどかったという意味でも兄弟が守ってくれて

真木:そうですね。お兄ちゃんがすごい。兄弟同士で支え合っていた感じ

:今でもずっと一緒にいたりとか、よく連絡したりするでしょ?

真木:兄弟のグループLINEがあって、毎日ふざけまくってます

:中1中2この辺で、本当に両親の状態がプッツン切れてリセットが入ってるから

真木:「娘に絶対同じ思いをさせたくない」っていうのがあって、だから結構早々に離婚したのはあるんですよね。ずっと自分の大好きなお父さんとお母さんの揉めている状態を私みたいに見せ続けられているよりは、もう離れてしまって、娘が行き来した方が争いごとを見せるよりは良いと思って

:決断の年っていうのが天星術であって、その天星術で見ると決断の年が1998年16歳の時。ここが人生の大きな決断

真木:無名塾(仲代達矢が俳優養成のために無料で演技指導する塾)に入りました。うち貧乏だったので、母には相談していて、女優になりたいっていうのを。母が、「ここだったらお金もかからない」って。あと「役者を志す人がどれだけすごいか見てきなさい」みたいな感じでオーディション受けたのが中学3年生か。で、私は全然勉強に興味がなかったので、高校も行かず

:勉強嫌いだね

真木:大っ嫌いです。勉強したくないから自分のやりたいこと見つけたのかどっちか分からないんですけど

:海外気質なのよ。今だと英語喋れるでしょ?

真木:喋れる。そうなんですよ。独学で習って。大好きな映画を英語で英語字幕観たりとか全部勉強してやっていた

:本当にストイックだから。破壊の時期が2回あって、過去の状態でいくと2005年23歳の時、ここが第1破壊の時期。やりたくないことをやったり、ダウンって年に入っている

真木:そこら辺のあたりは、若者特有って言ってしまえばそうなのかもしれないけど、「なんで自分が求められているの?」みたいな。「いったい真木よう子の何を知っているの?」っていう。オッパイ大きいとか、そういう事で評価されたくない。でも「真木よう子真木よう子」って言われる。怖がりだし、あまのじゃくだから呼ばれれば呼ばれる程「嫌だ」ってなってた時期で、一時期は女優辞めようって思ってた

:2018年36歳。ここがゼロと言って、全ての物をゼロに戻してやり直す

真木:あっ!(笑)。前の事務所辞めた時です

 

真木よう子の未来を見ていく

 

:再婚も入ってるからね

真木:えっ!?

:だけど間違っちゃダメ。絶対間違っちゃダメ

真木:全然結婚したくないんですよ。パートナーで良いんですよ。婚姻届け出したくないんですけど

:出さなくて良い

真木:出さなくて良い?じゃあ良いや

:パートナーで良い

真木:そういう人来ます?

:来る来る。全然来る。2022年の8月までに入ってるから、早ければ2021年の4月ぐらいから出てる。ここ3年で子宝も出ているから

真木:えっ?ここから先?

:女の子の気が入ってる。強く。42歳ぐらいまでその感じが強い

真木:そうなんだ

 

山田裕貴の未来を見ていく

 

:1個だけ間違えないで欲しいのが、来年女性が2人出てくるけど、髪が短いちょっとふわっとした感じの子、背が低めの子、オッパイはCカップぐらい。色が白い感じのタイプ。そういう子はあんまり良くない

山田:行かない方が良いということなんですよね

:年上だと思う

山田:へぇ~

:以上となります

で終了

 

「星ひとみ」さんによる、リモート占い~26歳女性のトラウマが明らかに~

「星ひとみ」さんによる、リモート占い~26歳女性のトラウマが明らかに~

イメージ

【里美さん26歳 エステティシャン】

 

「よろしくお願いします」でスタート

 

:まず、里美ちゃんの天星、深夜タイプ。

里美さん:おぉ

:自由人・束縛嫌い・顔に出やすい

里美さん:うんうんうん

:あっ、出身地どちらですか?

里美さん:岐阜です

:岐阜!岐阜に生まれてるって形なんですけど、一応占いで見ると、里美ちゃんの場合は、名古屋に呼ばれる星。で、区でいくと熱田区の星が出てる

里美さん:あっ!ドンピシャです。熱田区に住んでます今

:あとね、私が見えるのは、女子だからちょっとズレるかもしれないけど、野球好き

里美さん:あぁ好きです。野球観にドームに行きます。

:でね、深夜の人ってジャイアンツファンが多いんです

里美さん:すごい!ドンピシャです!ジャイアンツの選手で好きな選手がいたんです

:本来岐阜とかだと違うよね?あの辺だと・・・

里美さん:中日ですね

:中日だと思いきやジャイアンツです。本当に野球詳しかったり、男っぽさというか、ちょっと冒険家が出ているのと、旅行・旅・車が大好きね

里美さん:うん、正解です

:速さ・スピードに惹かれるから。多分車とかでも、可愛く奇麗に「きゃっきゃ」じゃなく、スポーツカーが好きな人

里美さん:スポーツカー乗ってます(笑)

:基本白いベールが見える。白で包まれているっていうのが見えるから。車は白?

里美さん:白です。ホンダのS660っていう軽のスポーツカーがあるんですよ。それに乗ってます

:里美ちゃんの星がさらにいくと、独立の星。何か一人でっていうのが2013年。19歳・20歳・21歳で与えられたり勉強したり、学びって言ってね、この3年間すごく勉強している

里美さん:すごい

:一生懸命勉強して5年前かな。このぐらいの年が転機で、2015年21歳の時がリセット期って言って何かを終わらせたり、ここで別れたりしてるね

里美さん:エステのお店を出したかったから前の仕事でお金貯めてたんですけど。完全にやめたのが2015年

:お店か。去年からお店スタートしてない?5月6月ぐらい?

里美さん:あ~正解です。2019年開業しました。女性専用のサロンなんで、1人で全部やる

:じゃあさ、19歳・20歳・21歳ってエステの勉強をしていたの?

里美さん:資格取りました。19歳の時

:なるほどぉ。ぴったしですね

:ただちょっと家系の流れ。両親ちゃんといる?

里美さん:いないです

:離婚してるでしょ?

里美さん:離婚してます

:本来、里美ちゃんってあんまり生きる希望がないのよ

里美さん:フハハッ(笑)

:占いで見ると、「何のために生きているのかな」とか。ちょっとどこか冷めている部分があって、7歳・8歳・9歳ここは爆発。ここで離婚してる?

里美さん:そうですね。6・7歳ぐらいの時期に親が離婚

:その影響受けて7歳8歳9歳と、ちょっと子ども心に悲しい・辛い。「私どうやって生きていくんだろう」とか。生き辛い感じっていうのが小学1~3年生まで入っていて

里美さん:ドンピシャです。お母さんが家を出て行っちゃっていなくなっちゃったんで最初に。で、お父さんもいなくなって、お兄ちゃんと2人だけ残されて、食べるもの無いし、小学1年生の時だったので、学校行ったら先生がご飯をくれるんですよね。たぶん食べてないと分かっていたのか

里美さん:先生にはバレていたと思うけど、言う相手もいないし、お兄ちゃんも小学4年生だったかな。2人で親を待つしかない。帰ってくると思ってたんで。でもお米も炊けないし、何も食べるものがなくて、ケチャップとマヨネーズを飲んだのは覚えています

里美さん:お父さんが急に帰ってきて、おばあちゃん家に連れていかれたのは覚えています。小学3年生まで父方の祖母に引き取られてたんですけど。お父さんはいなくて、おばあちゃんだけだったんで・・・

:なるほど。この3年間は結構最悪

里美さん:地獄でしたね。お母さんが出て行ったのが、おばあちゃん的に気に食わなかったから。お兄ちゃんはお父さんにそっくりなので、可愛がってもらってたけど、私がお母さんと顔がそっくりなので、私の写真だけ全部燃やされた。1番しんどかったですかね

:小学4年生から新しく抜けてる

里美さん:そうです。お母さんに引き取られているんで。お母さんが1ヵ月に1回ぐらい会いにこっそり来てくれて、私の様子がちょっとだんだんおかしくなっていくから、「引き取る」って言って、引き取ってくれた。「ごめんね」って言ってました

里美さん:母には母の人生があったから、しょうがないことだった

:すごく子ども心だったのに「なんで私って」って、怒られないように。「私が何をしたらみんなが喜んでくれるだろう」って、思ってたよね

里美さん:(涙)

:この時に、顔色を伺いすぎちゃって、すぐ態度に出ちゃったり、合わせられなかったり。でも。トラウマを克服し、次のステージにっていう形の状態になってる。それが、里美ちゃんの人生

里美さん:(涙)

:この試練って、乗り越えられる為にきていて、ちゃんと乗り越えて今の里美ちゃんがいて、素晴らしい女性です

 

占いから約3ヶ月後:過去のトラウマがあって、人を好きになれないと言われて、自分でもそうだなと思ったので、これからは男女問わず出会いを大切にして前向きに挑戦したいと思います。とのこと

 

関連記事
【1月20日】突然ですが占ってもいいですか?見逃した人へ|再現まとめ
【1月20日】突然ですが占ってもいいですか?見逃した人へ|再現まとめ

「突然ですが占ってもいいですか?」2021年1月20日放送の内容を再現していきます。   今回は 「木下レオン」さんによる、軽部真一・高嶋ちさ子の占い&一般の方のリモート占い 「シウマ」さん ...

続きを見る

・彼の気持ち
・あなたの恋の行方
・どうすれば叶うか

「LINEトーク占い」でプロに相談してみませんか?

LINEトーク占い

大手なので安心。

TVや雑誌で活躍している人気占い師に1分100円~で相談できます。

\今なら10分無料/

LINEトーク占いはこちら

※チャット・電話で24時間相談可能

LINEトーク占いの使い方はこちら

LINEトーク占いの口コミはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ウラマニ編集部

ウラマニ編集部

ウラマニは、占い・運気・恋愛・心理学・モテ術・パワースポットなどそれぞれに精通したメンバーで運営している「占いと大人の恋愛」をメインにした女性を応援するWEBメディアです。

特集記事

電話占いおすすめランキング 1

こんにちは。編集長のレイナです。 このページは、当サイト「ウラマニ」のメンバー全員で慎重に作成したページです。   望む未来を手に入れている人は、他人には言わないけど、「占い」を参考にしてい ...

【電話占い】不倫相談に強い当たる占い師おすすめランキングと口コミ 2

編集長のレイナです。 まず、おめでとうございます。 電話占いで不倫相談を検討されているあなたの判断は素晴らしいと言えます。 なぜなら、不倫関連の問題は、知人のアドバイスや主観で動くと良くない方向にいく ...

電話占い復縁 3

ウラマニ編集長のレイナです。 電話占いを活用して、「復縁成功率を上げたい」とお考えのあなたは正解です。 占い師にみてもらうことで、どう動けばよいかわかるので、1人で悩むよりも確実です。   ...

【LINEトーク占いのやり方】と10分無料の使い方を完全ガイド 4

このページでは、LINEトーク占いの使い方(やり方)と10分無料の獲得法・使い方を画像付きで分かりやすく解説しています。   LINEトーク占いは、今すぐ、本格的な占いがLINEチャット・L ...

LINEトーク占いの当たる先生(占い師)20選と口コミ・評判 5

このページは、LINEトーク占いにおいて 当たる先生の選び方 【悩み別】当たる先生20選と口コミ 実際に恋愛相談された人の体験レポート(3名分) 評判で気になる疑問 の4つを記載しています。 &nbs ...

-突然ですが占ってもいいですか?

© 2021 ウラマニ