復縁 恋愛

冷めて振られた彼氏(元彼)との復縁の可能性・冷却期間・復縁法をプロが解説

冷めて振られた彼氏(元彼)との復縁の可能性・冷却期間・復縁法

「冷めたからもう別れよう、と昨夜彼に振られました(涙)」

「これって本音なんですか?どういうところが冷めたのでしょうか?彼の気持ちをみてください・・・」

 

そう涙ぐんで相談に来てくださったのは、「女性の働き方の自由化」をあっせんする会社の社長、ヒロコさん(39才)。

 

ヒロコさんは婚活パーティで出会った年下男性と半年ほど交際をしていましたが、なんと昨夜、急に「もう冷めたから別れよう」と一方的に別れを切り出されたそうです。

 

ヒロコさんはバリバリのキャリアウーマンでしたので、土日祝日も多忙でした。

しかしそんな中でも、彼を優先してデートの調整もしてきたとのことです。

 

ではなぜ彼は「冷めた」と言って別れを突きつけてきたのでしょうか?

 

恋愛カウンセラー/占い師のヒナミです。

別れを切り出す時の「冷めた」は、実に難しいニュアンスだと感じています。

 

これは俗にいう「マンネリ化」ともつながりますが、冷めてしまったのならなぜ

  • マンネリ解消になるように工夫をしないのか?
  • 別れを決める前に話し合いはなかったのか?

と、振られた側は疑問で溢れてきますよね。

 

今回はヒロコさんのように、彼氏から「冷めた」と振られた女性に向けて記事をまとめました。

  1. 「冷めた」と言って別れた元彼との復縁の可能性について
  2. 「冷めた」を別れの理由にする男性の本音について
  3. 「冷めた」と振った元彼との復縁方法や冷却期間について
  4. 冷めたと振られた彼氏(元彼)と復縁成功したエピソード

以上の流れで進めていきます。

 

「冷めた」という理由で目の前から消えた彼。

一体何を思い、どういう結論に達してそう言ったのか。

 

疑問がたくさん浮かぶと思いますが

「彼が離れた=あなたに価値がないわけではない」

ので、落ち込まないでくださいね。

 

自分はダメな女性だから復縁する権利がない、と思ってしまうと、言葉通りの現実が引き寄せられてきます。

 

ゆっくりとポジティブな気持ちを持ちながら、復縁に向けて進んでいきましょう。

 

ウラマニより一言

モテ占師 ヒナミ当記事の担当「ヒナミ」先生への鑑定・ご相談は、「モテ占師 ヒナミ」として在籍されてるLINEトーク占い(10分無料)内にてどうぞ。

LINEトーク占いの復縁相談をはじめ、不倫・片思い・モテなど恋愛全般に強く、寄り添ったサポートが評判です。

冷めたと言われた別れから彼氏(元彼)と復縁は無理?可能性について

最初の項目では、「冷めた」が理由で別れを切り出した彼と、復縁できるかどうかについてお話ししていきます。

 

結論を先に述べると、その彼との復縁は可能です。

 

ただし、「冷めた」と告げる男性には2パターンあるので、それによって復縁の可能性度合いが変わってきます。

 

パターンをAとBに分類してお伝えしていきますので、順番にご確認ください。

AとBは以降の項目でもでてきます。

 

Aパターン:「冷めた」は本当にあなたに幻滅したケース

Aパターン:「冷めた」は本当にあなたに幻滅したケース

彼が冷めたと告げたのは、あなたに対し「不満」や「幻滅」が生まれたからかもしれません。

この場合でいうと、復縁できる可能性は約20〜30%と低めです。

 

彼とあなたが交際した最初の頃は、彼のあなたへの期待値が高く、相手のほうがあなたを好きだったのだと思います。

 

見た目も可愛くて、周囲に自慢できる女性だった。

これは一見プラスのようにも捉えられますが、実は素敵であればあるほどに、幻滅していく流れになっていくのです。

 

例えば、「美人は3日で飽きる」という言葉があるように、魅力的なものはその時点でレベルがマックスなので、もう下がるしかないのです。

 

さらに言えば、男性は一度「幻滅」してしまうと、なかなか気持ちを元に戻せません。

彼のプライドを折ったら信頼をしてくれなくなると同様に、一度ドン引きされてしまうと、元に戻すのは至難になるのです。

 

そして彼だけではなくて、この場合はあなたも彼の好みに無理やり合わせていただけの可能性があります。

  • 「いい彼女でいなくてはいけない」
  • 「彼に合わせなくてはいけない」

など。

 

このままだと疲れてしまうことは絶対にありますし、いつまでも背伸びしていても心がすり減るだけ。

 

一瞬気を許した瞬間に「幻滅した」と言われる。

これはもう心身共々疲弊しますよね。

 

Aパターンの復縁率が低いのは、彼の気持ちを戻すのが難しいことと同時に、あなたも戻らない方がいいと心で思っている、という深層心理も絡んでいます。

 

Bパターン:「冷めた」はカモフラージュで、他に理由があったケース

Bパターン:「冷めた」はカモフラージュで、他に理由があったケース

彼が別れを告げたのには、「冷めた」以外の理由があったのかもしれません。

 

この場合の復縁率とすれば、パターンAよりも高く60〜80%前後です。

どんな理由かによって変動します。

 

この時に言えるのは、彼はまだあなたのことが好きだということ。

やむを得ない別れで、離れるのも苦渋の決断だったのかもしれません。

 

そう思うと、彼の気持ちがある限り復縁率は高いでしょうし、あなたも努力のしがいがありますよね。

 

この冷めた以外の「他の理由」については次の項目でお伝えしていきます。

 

「冷めた」を別れの理由にする彼氏(元彼)の本音

この項目では、「冷めた」という理由で振った彼の本音や、その具体的な理由について深くみていきます。

ここでも前項と同様、パターンA・Bに分けて解説していきます。

 

どちらのパターンかがわからない場合は、「自分の心がチクチク痛む方」を選んでください。

 

魂は正直だけれども、思考が反発することはよくありますので、「耳が痛い」「図星だ」という方を、この機会に頑張って受け入れてみてください。

 

これも、復縁や成長のためです。

 

Aパターン:「好きだった(過去形)」という気持ち

Aパターン:「好きだった(過去形)」という気持ち

彼があなたに対して幻滅をした意味の「冷めた」場合は、彼の気持ちは以下が該当します。

  • 「お前のことは本当に好きだった」
  • 「もういい加減にしてほしい」
  • 「怒るというより呆れてしまった」

 

彼があなたのことを好きだったことは紛れもない事実ですが、付き合っていく中で「好き」を上回るくらいの「がっかり」があったのだと思います。

 

実際に男性にアンケートをとりましたが、冷めてしまう理由は以下のようなものがありました。

  • 約束を守らないことが続く(ドタキャンや時間を守らないなど)
  • 奢ってもらうことが当たり前と思っている
  • 職場や友人の愚痴が多い
  • 食べ方や接し方などのマナーがない
  • 身なりに気を使わない

など。

 

「それなら、冷めてしまう前に言ってほしい・・・」

と思う方も多いと思います。

 

ですが、男性からしたら

「何度も伝えている上で、変わらないから冷めた」

という意見も多かったです。

 

冷めてしまう前、とくに付き合った初めの頃などは、あなたのことが好きなため不満があっても表に出しません。

 

仮に注意したとしても、おそらく優しく遠回しに言っているのでしょう。

 

ガツンと本音を言われるのもつらいですが、このように「気づいた時にはもう冷められていた」というのは寂しいもの。

 

彼との復縁はハードルが高くはなりますが、また同じ「冷め」を繰り返さないために、少しずつ上記に該当していなかったか?を、振り返ってみましょう。

 

Bパターン:「好きなんだけど・・・(現在進行形)」という気持ち

Bパターン:「好きなんだけど・・・(現在進行形)」という気持ち

「冷めた」というのは嘘で、他に別れたい理由があった。

この時の彼の本音としては、以下が当てはまります。

  • 「好きなんだけどね・・・」
  • 「こんな俺でごめん・・・」
  • 「他の人に幸せにしてもらってね・・・」

 

なんだか気持ちが暗いですよね。

 

Aの場合はあなたに対して上から目線なニュアンスがありましたが、Bの場合はどこかあなたから「逃げている」印象を感じます。

 

彼があなたに別れを告げた時によそよそしかったり、目を合わさずにそそくさと帰ったりしたのであれば、おそらくBパターンが該当すると思います。

 

では、一体どんな理由で別れを選んだのでしょうか?

 

実際に私が過去にヒアリングした理由とすれば、

  • 他に好きな人ができてしまった
  • 価値観や話が噛み合わなくなった
  • 会うタイミングが合わない・遠距離になった

などがありました。

 

これらの共通点とすれば、別れた状態でもなお「あなたのことが好き」というところ。

 

他に好きな人ができても、あなたのことは忘れられません。

価値観や話が合わないからといって嫌いにはなれません。

なかなか会えないからこそ、相手を想う気持ちは簡単には切れません。

 

Aに比べてBは複雑な気持ちになりますし、おそらく相手もまだまだ悶々としているのでしょう。

 

好きなのになんで別れなくちゃいけないの・・・と、お互いに苦しくなると思います。

 

男性心理とはかなり繊細であり、あなたのことを幸せにできないと思った時点で別れ(諦め)を選ぶ傾向にあります。

 

これを分かった上で、彼にどうアクションしていくかは、次の項目をご確認ください。

 

冷めて振られた彼氏(元彼)と復縁するための冷却期間や方法を解説

この項目では、それぞれのパターン別に復縁方法をご紹介していきます。

 

あなたと彼がどちらに当てはまるかによって冷却期間も異なりますので、自分たちに近いパターンで確認してみてください。

 

Aパターン:「冷めた」は本当にあなたに幻滅した場合の復縁法

彼があなたに対し、

  • 本当に冷めてしまった
  • 幻滅してしまった

場合の復縁法をステップ形式でお伝えしていきます。

 

ただし、Aパターンの場合は基本的にあなたが彼に合わせていく恋愛になってしまいますので、そこに「息苦しさがないか?」はしっかり意識して考える必要はあります。

 

以前付き合っていた時と同様、あなたが苦しいままで付き合っていくと、どのみち相手も苦しさを感じてしまうので。

 

【冷却期間】半年〜1年以上

 

ステップ①:彼に注意されたことを直してみる

ステップ①:彼に注意されたことを直してみる

ステップ①では、元彼に対してよりもあなた自身に時間をかけていく必要があります。

 

期間で言うならば、半年(6ヶ月)が冷却期間、彼と離れるべき目安の期間は全て自分自身に当てましょう。

 

まず、なぜ冷却期間が半年もあるのかと言うと、人は自分自身のことを知るのに時間がとてもかかるからです。

 

自分を知るというのは

  • 自分が笑顔でいられるのはどんな時か?
  • 純粋に彼が好きなのか、ただの依存だったのか?
  • 自分の心に嘘をついて、我慢ばかりしていなかったか?

を振り返る重要な時間です。

 

あなたがこれらに即答できなければ、おそらく自分自身のことが理解できていません。

彼との復縁よりも自分を愛することを優先しましょう。

復縁はその次です。

 

そして同時に、彼に言われた「注意点」や「こうして欲しかった」と言われた部分を思い返しながら修正していきます。

 

もちろん100%彼色に染まる必要はありませんが、復縁したい、彼のことが心から大切だと思うならば、それなりの妥協や努力は必須です。

 

ステップ②:別れて半年後にファーストアクション

ステップ②:別れて半年後にファーストアクション

半年間、自分自身を知る努力をし、彼に言われた修正点・思い当たる修正点をきちんと変えることができたら、次は連絡を入れてみましょう。

 

この頃になると、あなたは自分に自信がついており、彼に対し対等な気持ちで接することができるはずです。

 

「振られた相手に連絡するのはちょっと・・・」

と思ってしまったら、あなたはまだ自分に自信がない or 元彼との恋愛に怯えている可能性があるので、もう少し時間を延ばしてもOKです。

 

ファーストアクションの具体的な方法とすれば、

  • LINEでもSNSでもいいのでメールを送ってみる(元彼が復縁したくなるLINEをどうぞ)
  • 彼の行きつけのお店・コンビニに行ってみる
  • 友人を介して数人で遊ぶ約束をしてみる

など、小さな行動からで問題ありません。

 

半年間頑張ったご褒美として、忘れられない彼にアクションをしてみましょう。

その第一歩は怖いかもしれませんが、とても大きな進展につながります。

 

この時の大切なポイントとすれば、相手からリアクションがあってもなくても気にしないこと。

 

もちろん返事がこないのは寂しいですが・・・半年間、連絡をしていなかったわけですから、ここで落ち込むことは、あまり意味がありません。

 

それよりも、勇気を出して連絡ができた!と自分を褒めてあげるとまた一つ復縁に近づきます。

 

ポジティブなオーラは、人を引き寄せていきますから。

 

ステップ③:定期的に連絡を入れていく

ステップ③:定期的に連絡を入れていく

ステップ②で彼から返事があってもなくても、定期的に連絡を入れていきましょう。

できる範囲で構いませんが、月に1〜2回がちょうどいいと思います。

 

この時に

  • 「ウザがられないかな?」
  • 「迷惑に思われないかな?」

と考えてしまうかもしれませんが、仮に月に数回程度送ったくらいでこう思う相手なら、復縁しないほうがいい、という発想も持ち合わせておきましょう。

 

これくらいで相手が嫌がるのならば、復縁できたとしてもすぐ破局です。

 

さらに言えば、あなたは半年間頑張ってきたのに、それを簡単にあしらう程度の彼ならば、どのみちあなたとは話が合わなくなっているでしょう。

 

あなたは成長し、彼は当時のまま。

レベルが合わないもの同士は長く一緒にいられません。

 

そしてステップ③の補足ですが、定期的に連絡を入れるのはMAX3ヶ月を目安にしてください。

 

彼から返事が来てラリーが続いた場合は、3ヶ月後からは彼に発信にさせること。

彼から返事がなかった場合は3ヶ月後にはスッパリ連絡を止めること。

 

大切な相手であっても、あなたがいつまでもパワーを送っていては体力が持ちません。

 

ステップ③を頑張るのは最初の3ヶ月まで、と意識して、時間だけが過ぎないようにしましょうね。

 

Bパターン:「冷めた」はカモフラージュで、他に理由があった場合の復縁法

彼の別れの理由が「冷めた」以外の場合、どのように復縁のアクションをしていくか?について、こちらもステップ形式でお伝えしていきます。

 

幸いにも、彼はあなたのことが「嫌いで別れたわけではない」ですから、冷却期間はAと比較して短めです。

 

【冷却期間】3ヶ月

 

ステップ①:彼が別れを選んだ決断を理解してあげる

ステップ①:彼が別れを選んだ決断を理解してあげる

彼があなたと別れたのは、相当悩んだ結果だと思います。

 

前述した「Bパターン:「好きなんだけど・・・(現在進行形)」という気持ち」で述べましたが、彼の本音としては

「別れたくなかったのにそう選択せざるを得なかった」

のです。

 

まずはここを受け入れてあげることが、最初のステップです。

 

嘘をついてまで別れを選んだ彼に対し、多少腹ただしさはあると思います。

しかし、それでもあなたが元彼を想うならば、この機会に彼を「受容」していくと、復縁後もご縁がより深くなっていきます。

 

ただ、彼が決断した「本当の別れの理由」が分からないと受け入れようもないと思いますので、この場合は彼の友人、もしくは復縁に強い占い師に相談してみましょう。

 

あなたに思い当たる節があるのならば、それが正しいとは思いますが、確認のために聞いておくのもいいと思います。

そのほうが、あなたも彼を受け入れやすいですよね。

 

彼と別れてから3ヶ月間は、しっかりと彼の気持ちを考え、尊重し、受け入れていく力を培っていきましょう。

 

ステップ②:好きであること・フリーであることを匂わせる

ステップ②:好きであること・フリーであることを匂わせる

彼と別れて3ヶ月が経過したら、具体的に行動していきましょう。

 

その内容とすれば、直接彼にアクションするというのではなく、あなた自身が

  • フリーである
  • まだ彼のことが好きである

というオーラをどんどん出していくということです。

 

目安は1〜2ヶ月(彼に届くことが狙いなので余裕をみましょう)。

 

具体的に何をするかというと、

  • SNSで一人旅行したことをアップしてみる(彼が見られるように公開設定にしておく)
  • 元彼と行った思い出の場所をタイムラインに載せてみる
  • 元彼が行きそうなお店に行き、それとなく店員に伝言を残してみる

など。

 

パターンBの別れは、彼がまだあなたを忘れていないことが重要なポイントです。

つまり、彼も復縁したいと思っている可能性がとても高い。

 

「彼がいつ戻ってきてもいい雰囲気」をあなたが作ることにより、元彼はあなたへ連絡をしやすくなるのです。

 

ちょうど「別れた男性が元カノを恋しくなるのが3ヶ月後(冷却期間中の男性心理の変化参照)」ということもありますので、ただ彼を待つのではなく、今できる基礎作りはしっかりしておきましょう。

 

ステップ③:ラフにアクションしてみる

ステップ③:ラフにアクションしてみる

元彼に対し「いつでも戻ってきていいよ」という空気感を1〜2ヶ月ほど作ったら、明るい気持ちのままあなたからアクションをしてみましょう。

 

  • SNSでイイねやコメント、DMをしてみる
  • 足跡をつけてみる
  • 二人きりのデートではなく、数人で遊ぶ誘いを入れてみる

など。

 

あなたを振ってしまった手前、元彼は自分から復縁を求めづらい。

 

ですので、彼が戻ってきてもいいような雰囲気を出しつつ、あなたから小さなアクションを先にしてあげましょう。

 

そのアクションは彼が動くキッカケに繋がりますし、何も動かないよりも動いてくれた方が相手は安心します。

 

安心や信頼がある女性へ、男性は「一緒にいたい!」と引き寄せられていきますので、楽しい気持ちで彼の行動を待ってあげましょう。

 

Bパターンでの別れは、復縁率も60%以上であり、戻った場合はより関係性が深く良くなる傾向にあります。

 

アクションをひと月ほど繰り返せば、元彼の方から連絡が来るケースも多いので、ぜひ試してみてください。

 

冷めたと振られた彼氏(元彼)と復縁成功したエピソード

編集部

ウラマニ編集部です。

ここで、「冷めた」と振られた彼氏(元彼)と復縁成功した人の体験談を2つご紹介いたします。

 

体験談は、当サイト「ウラマニ」公式LINEに寄せられた相談・感想からピックアップしたものです。

 

「冷めたから別れたい」と言われて別れた元彼と復縁して結婚した優華さんのお話

「冷めたから別れたい」と言われて別れた元彼と復縁して結婚した優華さんのお話

イメージ

優華さん(仮名)は、大学の時から付き合っていた彼氏に、社会人2年目に「冷めた」と言われて別れました。

彼も同い年で同時に都内の会社に就職。

「2人とも遠距離にならなくて良かったね」なんて話をしていたのに、結局は別れることになったのです。

 

彼が冷めた原因はどうやら優華さんが口にする

  • 日々の仕事の愚痴
  • 仕事から逃れるために言う「結婚したら仕事辞める」
  • 「早く子ども欲しい」

などのマイナス発言や「結婚」「子ども」といったプレッシャーになる発言。

 

彼はその言葉を聞くのに疲れ、優華さんに対して重さを感じ、結局は冷めてしまったようでした。

彼自身も社会人になってストレスや慣れない環境で大変だったので、優華さんを包み込むほどの余裕はなかったのでしょう。

 

別れたものの、優華さんは諦めませんでした。

復縁に強い占い師に鑑定してもらうと「彼との縁は深い。復縁の可能性は高いよ」と出たそうです。)

 

別れは確かにショックだったけど、鑑定結果で勇気づけられたことや「絶対に彼と一緒にいたい」との気持ちから、冷却期間を半年以上確保し、その間にご自身が変わる努力をされたそうです。

 

一番頑張ったのは自分自身が自分を幸せにできるポジティブ思考を徹底的に訓練したこと。

本を読み、考え方を変えたんだそうです。

 

で、約1年が経過しようとしていた時に簡単なLINEを送ると返信が。

2人は復縁し、その3年後に結婚までいったそうです。

ポイント

優華さんの場合は「Aパターン:「冷めた」は本当にあなたに幻滅したケース」で、

  • 彼が冷める原因となった部分を理解して受け入れた
  • ご自身を変えようと頑張り、彼から見て分かるぐらい変化した

ことが復縁、そして結婚への大きなポイントとなったようです。

 

「冷めた」と言われて別れたけど、本当は「他に好きな人ができた」彼と復縁した亜矢子さんのお話

「冷めた」と言われて別れたけど、本当は「他に好きな人ができた」彼と復縁した亜矢子さんのお話

イメージ

亜矢子さん(仮名29歳)は知り合いの紹介で出会った1つ上の男性をお付き合いをスタート。

しかし、お付き合いして2年半で、彼に「冷めた」と言って振られたそうです。

 

何が原因かよく分からない中、もともと紹介してくれた友人に探りを入れてもらうと、どうやら新しい恋人がいるとのこと。

つまり、「冷めた」と言うよりは、「他に好きな人ができたから冷めた」が本音だったんです。

(この記事で言う「Bパターン:「冷めた」はカモフラージュで、他に理由があったケース」ですね。)

 

亜矢子さんは「正直腹が立った」とのことでしたが、彼のことはまだ好きだし、諦めきれなかった。

 

当サイト「ウラマニ」にて、冷却期間中の男性心理の記事を読み、元彼を放置すること約5ヶ月。

知り合いを含む数人での飲み会で彼と会い、その場で話すことはなかったけど家に帰ると彼からLINEが。

 

その後、彼の方から「やり直したい」と言われたそうです。

 

その間に亜矢子さんがしたことと言えば、飲み会がある少し前からフリーであることを彼と繋がっているInstagramで匂わせていただけ。

そして知り合いが開いた飲み会がきっかけとなり、復縁に至ったのですね。

 

ちなみに、新しい恋人とはすぐに別れてたと言うか、そもそも付き合うまでいってなかったそうです。

ポイント

亜矢子さんの場合は「Bパターン:「冷めた」はカモフラージュで、他に理由があった場合の復縁法」の通り

  • 3ヶ月以上の冷却期間があった
  • 3ヶ月目以降にフリーであることを匂わせていた
  • 4~5ヶ月のタイミングでラフなアクションをした(知り合いが飲み会を開いてくれた)

ことが復縁への大きなポイントとなったようですね。

 

まとめ

冷めて振られた彼氏(元彼)との復縁の可能性・冷却期間・復縁法まとめ

今回の記事では

  1. 「冷めた」と振られた元彼との復縁の可能性について
  2. 「冷めた」を別れの理由にする男性の本音について
  3. 「冷めた」と振った彼との復縁方法や冷却期間について
  4. 冷めたと振られた彼氏(元彼)と復縁成功したエピソード

の4つをテーマとして解説いたしました。

 

「冷めた」という本音が見えない理由で、あなたは相当戸惑ってしまったと思います。

 

しかしながら、彼の本当の気持ちを知ることによって復縁を焦ることもなくなりますし、自分自身を成長させるいい機会でもあります。

 

振った相手を受け入れるのは簡単ではありませんが、あなたにとって必要な時間をプレゼントしてくれた、という風に受け取ってみましょう。

今回の別れは、あなたと彼にとって必要なものだったのです。

 

これから二人がまた一緒に歩んでいくために、神様が「しばらく勉強してきてね」と試練を与えてくれました。

 

それをポジティブに受け取り、幸せになるチャンスだったと受容していきましょう。

あなたは必ずこれから幸せになっていきます。

 

その中でつらいことや、わからないこと、彼の気持ちなどが知りたくなってしまった時は、いつでもお問い合わせください。

 

あなたの幸せな恋愛を、心から応援いたします。

・彼の気持ち
・あなたの恋の行方
・どうすれば叶うか

「LINEトーク占い」でプロに相談してみませんか?

LINEトーク占い

大手なので安心。

TVや雑誌で活躍している人気占い師に1分100円~で相談できます。

\今なら10分無料/

LINEトーク占いはこちら

※チャット・電話で24時間相談可能

LINEトーク占いのやり方と10分無料の使い方はこちら

LINEトーク占いの当たる先生や口コミはこちら

記事を読んでの質問・ご相談(サポート)はウラマニ公式LINEからお問い合わせください。

「ウラマニ」メンバーが対応させていただきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モテ占師 ヒナミ

「占い師*ヒナミ」ウラマニ編集部スタッフ。 ライントーク占いでは「モテ占師 ヒナミ」として活躍し、特に恋愛に悩む女性に人気の鑑定士。占術は「スピリチュアルリーディング・数秘術・オラクルカード・チャクラ鑑定」など。 恋愛カウンセラーとしても活動し、悩みを抱えた人に勇気を贈るため、国内外で活動中。ウラマニでは豊富な相談実例をもとに恋愛記事を担当。

特集記事

電話占いおすすめランキング 1

こんにちは。編集長のレイナです。 このページは、当サイト「ウラマニ」のメンバー全員で慎重に作成したページです。 望む未来を手に入れている人は、他人には言わないけど「占い」を参考にしていることが多いです ...

【電話占い】不倫相談に強い当たる占い師おすすめランキングと口コミ 2

編集長のレイナです。 まず、おめでとうございます。 電話占いで不倫相談を検討されているあなたの判断は素晴らしいと言えます。 なぜなら、不倫関連の問題は、知人のアドバイスや主観で動くと良くない方向にいく ...

電話占い復縁 3

ウラマニ編集長のレイナです。 電話占いを活用して、「復縁成功率を上げたい」とお考えのあなたは正解です。 占い師にみてもらうことで、どう動けばよいかわかるので、1人で悩むよりも確実です。 ただ、問題なの ...

【LINEトーク占いのやり方】と10分無料の使い方を完全ガイド 4

このページでは、LINEトーク占いの使い方(やり方)と10分無料の獲得法・使い方を画像付きで分かりやすく解説しています。 LINEトーク占いは、今すぐ、本格的な占いがLINEチャット・LINE電話・L ...

LINEトーク占いの当たる先生(占い師)20選と口コミ・評判 5

このページは、LINEトーク占いにおいて の4つを記載しています。 という人は参考にご覧ください。 当サイト「ウラマニ」編集長のレイナです。 LINEトーク占いには1500名以上の占い師さんが在籍され ...

-復縁, 恋愛